「先輩の姿を見てきた自分からすると…」 柴崎、A代表初主将で目覚めたリーダーの自覚

1
日本代表MF柴崎岳(ヘタフェ)は、22日のキリンチャレンジカップ・コロンビア戦(0-1)で、A代表通算33試合目にして初めてゲームキャプテンを務めた。

ボランチとして、主将としてチームを支える26歳は、神戸移動後初の練習となった24日に取材に応じ、リーダーシップを「自分に求めていかないといけない」と自覚を覗かせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190324-00178585-soccermzw-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ