永井が古巣弾!FC東京が首位攻防戦を制す…名古屋は今季無得点&初黒星、相馬不敗神話も崩れる

1
明治安田生命J1リーグは17日に第4節が行われ、味の素スタジアムでFC東京と名古屋グランパスが対戦した。

ともにリーグ戦無敗で迎えた首位攻防戦。2勝1分で2位につけるFC東京は、17歳・久保建英が4試合連続の先発スタート。前線にはディエゴ・オリヴェイラと古巣対決となる永井謙佑が2トップを形成した。

対する名古屋は、開幕3連勝中とJ1で最も勢いに乗っている。とりわけ公式戦5試合で13発の攻撃力は、破壊力抜群。ジョーと赤崎秀平が2トップを組み、そこにガブリエル・シャビエルと和泉竜司が絡む布陣は前節のガンバ大阪戦と変わらず。そしてFC東京で10年を過ごした米本拓司にとっては思い出深い味スタへの凱旋ゲームとなった。

■試合結果
FC東京 1-0 名古屋グランパス
■得点者
FC東京:永井謙佑(54分)
名古屋:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00010017-goal-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ