現役Jリーガーが選ぶ「対戦して最も衝撃を受けた選手」ランキング!トップは31人が挙げたフリーキックの名手

1
全55クラブの情報が満載の『サッカーダイジェスト 2019 J1&J2&J3選手名鑑』が現在発売中だが、この選手名鑑の制作に際し、編集部では各クラブに協力をいただき、選手たちへのアンケートを実施した。ここでは、J1・J2の1221選手に回答してもらった「過去対戦して最も衝撃を受けた選手」を集計。最も多くのJリーガーに名前を挙げられた上位10名を紹介する。

1位に輝いたのは今年でプロ23年目を迎えた日本が誇る磐田の司令塔、中村俊輔だ。31人の選手が中村に衝撃を受けたと回答。華麗なキックで魅了するレフティを、福岡の城後寿は「止める、蹴る、ドリブルなど、すべてにおいてハイレベル」と技術の高さを称賛。浦和のGK西川周作は「FK時のオーラがハンパじゃない!!」と、いまだ世界でも指折りのFK名人である中村の“圧”に驚かされたようだ。

昨シーズンのJリーグMVPに輝いた川崎の家長昭博が1位と1票差で2位に。3位には、鮮やかな技術で日本のサッカーファンを魅了する元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ。4位には、いまだ衰えの知らないプレーで2連覇中の川崎を支えるバンディエラ、中村憲剛がランクインした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00055588-sdigestw-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ