森保ジャパン、最新招集23名を「推定市場価格」でランク化

1
3月下旬に行なわれるテストマッチ2連戦(コロンビア戦とボリビア戦)に向け、日本代表メンバー23名が発表された。吉田麻也や大迫勇也など欧州組の多くが招集を見送られるなか、香川真司、昌子源、山口蛍、宇佐美貴史らロシア・ワールドカップで日本中を沸かせた戦士たちが復帰を果たし、鎌田大地、鈴木武蔵ら4名が初招集を受けるなど、予想以上にフレッシュな顔ぶれが揃った。

ここでは、そんな23選手を「推定市場価格」でランキング化。ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が独自のデータ換算によって、世界中のプロフットボーラーを対象に付けている“市場での価値”だ。上位で幅を利かせてきた欧州組がごっそり抜けたため、今回のランキングは実に興味深い並びとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00010000-sdigestw-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ