「イングランド代表が滅茶苦茶になる」プレミア勢のCL躍進にサウスゲイト代表監督が嘆き節

1
ベスト8が出揃ったチャンピオンズ・リーグ(CL)で躍進しているのが、プレミアリーグ勢だ。3月13日にはリバプールがバイエルンを3-1で下し、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムに続いて準々決勝進出を決めた。

イングランドの出場4チーム全てがベスト8まで勝ち進んだのは、2008-09シーズン以来10年ぶり。近年はスペイン勢に押され、2012-13シーズンや2014-15シーズンには1チームも8強入りできなかっただけに、現地では盛り上がりを見せている。

だが、この状況に懸念を示している男がいる。イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督だ。6月にポルトガルで開催されるUEFAネーションズ・リーグ準決勝への影響が危惧されるからだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190314-00055536-sdigestw-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ