ACLでは海外クラブ所属の日本人選手も気になるとセルジオ越後「今月末の日本代表戦はカタールに移籍した中島のプレーに注目だ!」

1
今季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)が開幕した。Jリーグからは川崎、浦和、広島、鹿島の4チームが出場。各チームとも今季のJリーグのスタートでもたついているけど、アジアの舞台ではどんな戦いを見せてくれるか。一昨季の浦和、昨季の鹿島と、ACLでは日本勢の優勝が続いているだけに、今季も大いに期待したい。

また、今季のACLは、海外クラブに所属する新旧の日本代表選手たちの存在も気になるね。東地区ではオーストラリアの本田(メルボルン)、タイの細貝(ブリーラム)。西地区ではカタールの中島(アル・ドゥハイル)、UAEの塩谷(アル・アイン)。なかでも僕が注目するのは、森保ジャパンのレギュラー格である中島だ。

中島はこの冬、ポルトガル(ポルティモネンセ)からカタールに日本人史上最高の移籍金(約44億円)で移籍。そして、その決断について賛否両論がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190314-01083930-playboyz-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ