日本ハム・吉田輝星 先輩を驚かせた“肉食の夜”

201903110000751-w500_0

1: 名無しさん 2019/03/14(木)07:53:23 ID:ZFJ

日本ハム・吉田輝星 先輩を驚かせた“肉食の夜”

 舞台となったのは、千葉・鎌ケ谷市内の選手寮から程近いところにある焼き肉店。この日の試合でリードした郡に連れられ、1学年上の先輩投手・田中瑛と3人で食事に出かけた際のことだ。

 郡が当日昼ごろ、吉田輝に夜の予定を尋ねたところ「予定はありますよー」と、つれない返事。郡が「そうか…。何の予定があるの?」と再び問うと「郡さんとごはんに行く予定です」。夜の予定を聞かれた段階で「食事の誘いだ!」と瞬時に察知し、すかさずウイットに富んだ返答をした後輩には、郡も思わず「おお、そうか。じゃあ行こうか」と笑みがこぼれたという。

 そして焼き肉店では…上タン、カルビ、上ハラミを中心に3人で舌鼓を打ったのだが、支払いは最年長者(この3人の場合は郡)というのが球界のしきたり。それに気を使ったのか、ある程度食べたところで、まず吉田輝が「おなか一杯です~」と満腹をアピールしてきたという。

 郡の今季推定年俸は490万円。支出は少ない方が助かる。その後の吉田輝は「やっぱり腹減ってきました…」と切り出してドキッとさせつつも「締めのチョレギサラダ頼んでいいっすか?」と4人前分ほどが大皿に入ったサラダを注文。流し込むように“どか食い”した。自分の体のことを気にしただけかもしれないが、肉より安価なサラダを追加注文したところに、先輩の懐事情を気にかけた吉田輝の細かな気配りがうかがえる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000053-tospoweb-base


続きを読む

Source: 日刊やきう速報@野球まとめ