原口、冨安とともに全4試合出場の北川航也「数字として残らないと意味ない」

1
これまで以上にゴールへのモチベーションを高めている。日本代表は24日の準々決勝でベトナム代表と対戦するが、4強入りの懸かった一戦でFW武藤嘉紀が累積警告のため出場停止。右臀部痛が回復し、練習合流を果たしたFW大迫勇也とともに、先発候補に挙がるのがFW北川航也(清水)だ。

「勝つしかない戦いなので、その準備はできている。チームが勝つことを優先に考えて、その結果、自分の結果も付いてくれば」。今大会ここまで4試合すべてに出場しているのは北川、MF原口元気、DF冨安健洋の3人だけ。グループリーグ初戦のトルクメニスタン戦(○3-2)に途中出場すると、第2戦のオマーン戦(○1-0)、第3戦のウズベキスタン戦(○2-1)と連続先発し、前日21日の決勝トーナメント1回戦・サウジアラビア戦(○1-0)も後半44分からピッチに立った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-20899453-gekisaka-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ