使用が後絶たぬ鉄剤注射、「治療目的」も禁止へ

使用が後絶たぬ鉄剤注射、「治療目的」も禁止へ

使用が後絶たぬ鉄剤注射、「治療目的」も禁止へ

高校駅伝の一部強豪校による鉄剤注射の不適切使用問題で、日本陸上競技連盟(陸連)は、貧血治療名目の鉄剤注射の使用を原則禁止とする方針を固めた。
これまで鉄剤注射を使わないよう警告にとどめてきたが、注射の使用が後を絶たないためだ。
年度内に指針としてまとめ、中学生から社会人までの陸上選手、指導者に周知する考えだ。


鉄剤注射は重度の貧血治療に使われる一方、持久力を高める効果があるとして、女子長距離選手を中心に2000年頃から全国に広まった。
過剰使用は肝機能障害などを引き起こす恐れがあるため、陸連は16年4月、「アスリートの貧血対処7か条」として文書にまとめ、体への危険性を警告した。
しかし、「治療目的」を名目に使用は続いていた。


陸連によると、指針では、鉄剤注射に伴う危険性を明記し、貧血でも安易な注射は禁止する。
経口の鉄剤で貧血に対処する方法も示す。

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00050006-yom-spo

「使用が後絶たぬ鉄剤注射、「治療目的」も禁止へ」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:51:57 ID:23b26be73

    今まで勝った選手たちが、それをしていたんだなぁと思うと何だか感動も薄れるし、卑怯とさえ思える。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 09:01:02 ID:e0e63f44b

    これって栄養剤補給に名を借りたドーピングじゃないの?尿検査のほかに血液検査もすれば?

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:52:49 ID:63d157141

    東日本の高校だと言うからきっとあそこでしょう!

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:47:36 ID:629d6e820

    こんなので肝障害が残ったら指導者は責任とれるのか?はなから責任なんか感じてないのだろうけど。

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 09:00:52 ID:cea89b995

    治療は医師の判断で行うべきで、その治療においての責任も医師には発生する。

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:58:55 ID:4550b4641

    望んだゴールを目指すのは良いがやり方は間違えないでほしい 1つしかない体、大事にしてほしい

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:56:29 ID:ada8099fb

    ドーピングやん。

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:58:02 ID:ff19f667e

    いろいろなことでこうなるけど不正を防止するために本来正当な治療まで制限されてしまうそこまてわして勝ちたいと思う指導者と学校って厳しいペナルティが必要だよね高校生はまだしも中学生で判断できる内容じゃない医療機関で治療の為でも毒性が言われ続けてるのに本来必要のないあるいは必要以上に静注鉄剤を投与するってもう選手を何だと思ってるんだろうね

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 09:01:14 ID:c863e155b

    陸上長距離の女子は、無理な食事制限するから、いろいろな身体的問題が起こる。貧血もそのひとつ。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:52:59 ID:25f0cc2c8

    鉄剤を治療目的なら錠剤でいいだろう、それより鉄剤注射で未来ある若者の身体を破壊するような事が、勝つ為に使い捨てにする事が問題だよ。スポーツの指導者は人間性を失っている。皆とは言わないけれど。

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 09:01:31 ID:197ea3509

    薬物を使わなくても血液ドーピンが禁止な以上は鉄剤もそれに類するものでありやはり禁止扱いにするべき

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:48:48 ID:db234c05c

    >注射での治療が本当に必要な場合もあるそういう人は最初から大会に出られません。病気ですから。

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:02:09 ID:458258697

    昔の話だが、貧血がひどかった私の彼女に、鉄のフライパンでホウレンソウを山ほどソテーし、レバーといっしょに2日置きに食べさせたところ、驚くほど回復し、1か月で正常値になった。今では血の気の多い私の妻です・・・(笑)

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:55:38 ID:717bfb38b

    禁止の流れがおかしい。治療禁止は人権問題になる。治療の制限かけるのではなく治療が必要な状態の選手の出場は治療の有無を問わず制限するべき。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:46:32 ID:c3f14e008

    貧血の方への治療行為は当然ですが、この使用の仕方はただのドーピングでしょう。

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:56:34 ID:4c52f2072

    治療目的で本当に必要な場合は、そもそも競技に参加する健康状態にないと判断すべきなので、必要があれば使用すればいいだけです。打ったら出るなと言うシンプルなものだと思います。選手の健康と将来を守ることが一番優先されるべきで、妥当な判断だと思います。

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:58:59 ID:ed6d2feff

    医療従事者だけど注射の鉄剤なんて貧血のタイプ診断も待てないような急患にしか使うイメージないなぁ駅伝走るほどの超健康児が口から摂取出来ないほど消耗するならスポーツとしてどうなのかと思うわ

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:58:56 ID:17ce8ce3d

    自らの地位や名声のために、危険性の警告を無視し続けて少女達を食い物にしてきた監督やコーチ、所属団体の名前も公表すべきでは?選手の生命や健康をないがしろにする指導者やチームは、スポーツに関わるべきでは無い。

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:50:42 ID:6650d4a56

    そんなにしてまで、駅伝に勝つ必要があるのか?監督の就活のための犠牲だな?

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:53:14 ID:a3768da79

    鉄欠乏性貧血の方は、注射せずとも内服で治療できますが?なぜ注射にこだわる?そこら辺が怪しまれる原因では?

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:50:38 ID:d125e7b00

    陸連が禁止しても、多分なくならない・・・隠れてやるようになり、余計に悪質化する。実効性がある方法は一つしかない、「学校名、監督名、医師名の公表」。

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 07:57:42 ID:0724f36d3

    フライパンを鉄の鍋に変えるだけで鉄分の補給はできる

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:55:08 ID:cdc66c407

    重度の貧血で運動しますか?強豪の理由ですね!・・・(;´Д`)

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:51:00 ID:7a2682ce0

    大人が子供に強要していたとしたらまさに悪魔の所業。

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:49:49 ID:9324a7034

    治療目的も禁止する権限は無い!治療目的か治療目的でないかをしっかり見極めるべきだ!

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:49:28 ID:7eb6ccc4c

    治療目的がだめって、きついな。結局性善説は否定される。人間は知識や知恵を持つ。悪いとはいわないまでも、グレーを考えるのが人間。

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 07:51:47 ID:cf7f0ac0e

    治療が必要ないのに治療目的で競技能力を上昇させるために使うのは言語道断だけど、本当に治療が必要な選手が使うのを躊躇しないような環境にしてもらいたい。治療が必要ない(血液データ等)のに使用した医者は医師免許停止し氏名を公表したらいいよ。こういうのは元から絶たないと駄目。

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:58:32 ID:79a8be44e

    使用禁止は、「日本陸上競技連盟(陸連)は、」ですよね、だから普通に治療される方は今まで通りに治療出来るわけですよね。ただ、陸上競技を続けたい方にとってはつらい決定でありますが将来体がボロボロにならないためにも必要な事と思います。

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 07:51:22 ID:181379194

    これで関東のあの監督さん勝てなくなったね。次の日曜日も使えないから焦ってるやろうな。

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:55:55 ID:f63470686

    完全に撲滅するという意気込みが感じられる。今のままの治療目的ならOKということでは変わらないものね。経口の副作用の少ない物で対処するという事で手を打つのもしょうがない。

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:52:51 ID:548645d4f

    私まさに貧血で注射をしてます。どうなるんだろうか。。。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:50:32 ID:1d93fc8fa

    経口鉄剤は吸収が良くないし、悪心が出る人もいて、食事量が減ったら本末転倒。合法だからこっそりやられたら止めようがない。むしろオープンにして肝機能や血清鉄のチェックをしっかりやったほうがまだましかと思う。

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:51:19 ID:bd2b21bf7

    優勝校含め上位校には抜き打ちでドーピング検査をするべきだ。

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:54:13 ID:1a1698ea2

    自分の手柄しか考えない指導者がいる。人工透析になるなど、とりかえしのつかない後遺症を負わないように、してもらいたい。

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:50:28 ID:8c027ce8b

    鉄は吸収が悪いから経口投与だとなかなか貧血が改善しないんだよな。

  36. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 09:01:10 ID:fe6a14f9e

    貧血防止で注射し、大会に出場したらドーピングと変わらない、本当の実力ではないよね。それで結果が良くても満足するのか?そんな事までして勝ちたいなら辞めてしまえ。嘘で勝ちとっただけ。不正です。

  37. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 07:48:56 ID:54033365b

    ちゃんとした治療方法のひとつなのでしょうけど……鉄剤注射というワードだけで、怖いイメージがしますね。

  38. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 08:50:44 ID:5f22c5a82

    本来有る治療目的なら選手でも注射による治療は必死だと考えるが、経口摂取では補いきれない貧血の患者も実際存在するのは事実、ここの見極めを医師がしっかりして、本来あるべき使用方法が取られるべき問題と考えますが。ここでの持久力を高める使用は、否定されるべき考えでしょうね。

  39. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/19 07:51:11 ID:fd2b810ff

    鉄を毎日舐めれば良いと思う。

まとめ

鉄を毎日舐めれば良いと思う。

以上、使用が後絶たぬ鉄剤注射、「治療目的」も禁止へのまとめでした。


Source: Its a Sports World !総合