堂安律は“知られざる逸材”と仏誌注目 「オランダに留まるべきでない」と飛躍に期待

1
フローニンゲンの日本代表MF堂安律は加入2年目の今シーズン、エールディビジでチームトップタイとなる4ゴールを挙げるなど、個の力をしっかりと発揮している。昨季の活躍が認められ「フランス・フットボール」誌が新設した若手版バロンドールの「コパ賞」の最終候補10人に挙がったが、注目度は他メディアにも徐々に広がっているようだ。フランスのサッカー専門誌「SO FOOT」は、「リツ・ドウアンは昇る太陽か、それとも流星か?」とのタイトルで堂安について紹介している。

記事では「2018年のコパ賞のトロフィーリストの一番下にあった、知られざる選手だ」と記し、堂安が10月のウルグアイ戦で絶妙なファーストタッチから叩き込んだA代表初ゴールについて触れている。また日本国内で浸透しているとは言えないが、「国内では“マラドーアン”の愛称で知られている」とも記し、「スコアラーかつハードワークできるドリブラーとして、20歳ながら右サイドのレギュラーを獲得している」とプレースタイルを紹介している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181208-00152786-soccermzw-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ