アーセナルで不遇のエジルがセリエA移籍? ユーベ、インテル、ミランで本人の希望は…

1
アーセナルに所属する元ドイツ代表MF、メスト・エジルの周辺が騒がしくなってきた。『Tuttomercatoweb』など現地メディアによると、ユベントス、インテル、ミランなどのセリエA勢が1月の獲得を狙っているというのだ。

ウナイ・エメリ新監督を迎えた今シーズンのアーセナルにあってエジルは、開幕当初こそレギュラーとしてプレーしていたが、ここにきて出番が激減。プレミアリーグは直近3試合を欠場し(ベンチ1試合、招集外2試合)、ヨーロッパリーグでも同じく3試合連続でプレータイムなしだ。エメリ監督はこれを「戦術的な理由」としてきた。

これに目を付けたのがセリエA勢だ。報道によれば、ブンデスリーガ、ラ・リーガ、プレミアリーグを経験してきたエジルは、セリエAでの新たな挑戦に前向きで、とくにR・マドリー時代の同僚クリスチアーノ・ロナウドが所属するユベントスへの加入を希望しているという。4-3-3と4-2-3-1を併用しているユーベに加入するとなれば、前者ならサイドアタッカー、後者なら2列目全般になるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00051186-sdigestw-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ