浦和が鹿島との決戦制す!来季ACL出場に王手…仙台は初の決勝進出

1

天皇杯全日本サッカー選手権大会の準決勝が5日に行われ、浦和レッズが鹿島アントラーズに1-0で勝利し、3大会ぶりの決勝進出を決めた。

浦和は1日のJ1最終節で温存していた興梠慎三と武藤雄樹の前線2人を先発で起用。ベストメンバーで因縁の対決に臨む。一方の鹿島は内田篤人がスタメン入り。約2カ月ぶりの公式戦復帰を果たした。鈴木優磨、セルジーニョら主力も揃って先発に入った。

■試合結果
浦和レッズ 1-0 鹿島アントラーズ
ベガルタ仙台 3-2 モンテディオ山形
■決勝日程
12/9(日)
18:00 浦和 vs 仙台(埼玉)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010010-goal-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ