元独代表FWがドルトムントでの苦悩告白 「メディアもファンも味方ではなかった」

1
現在ドルトムントから2020年6月までの期限付き移籍で、フルハムに所属している元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレ(28)がドルトムント時代を振り返り、厳しい時間を過ごしていたことを告白した。英サッカー情報サイト「フットボール・ロンドン」が報じている。

シュールレは2016年に、ドルトムントの歴代最高額となる3000万ユーロ(約39億円)でヴォルフスブルクから5年契約で加入。しかし、度重なる負傷の影響もありレギュラー定着を果たせず、16-17シーズンはリーグ戦15試合2得点、17-18シーズンは18試合1得点にとどまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00151856-soccermzw-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ