「中国と中東には行かない」バイエルン退団を決めたロッベンが断言。ではJリーグ参戦の可能性は…

1
ついに名手が、慣れ親しんだ赤いキットに別れを告げる。

日曜日、元オランダ代表のMFアリエン・ロッベンが声明を出し、今シーズンいっぱいでバイエルン・ミュンヘンを退団すると発表した。34歳のウインガーとドイツ王者の現行契約は2019年6月末まで。延長交渉は行なわれず、そのままフリートランスファーとなるようだ。

2009年夏に鳴り物りでバイエルンに入団。この9年間で掴んだタイトルは合計13個で、ブンデスリーガが7度、DFBポカール(ドイツカップ)が4度、そしてチャンピオンズ・リーグとクラブワールドカップがそれぞれ一度ずつと輝かしい。今シーズンはここまで膝の怪我などでベンチ外となるケースがあるものの、公式戦14試合に出場して5得点・2アシストとしっかり存在を示している。

来夏以降の身の振り方はまったくの未定としており、現役続行か引退かも明確にはされていない。そこで、母国オランダのスポーツラジオ局『NOS Langs de Lijn』がロッベン本人を直撃し、その胸中に迫った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181204-00010000-sdigestw-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ