「見る人にとってつまらなかったかも…」 日本代表DF酒井、ベネズエラ戦の意義強調

1
森保一監督率いる日本代表は16日のベネズエラ戦で1-1と引き分けた一方、20日に年内最後の国際親善試合となるキルギス戦に臨む。ベネズエラ戦で代表初ゴールをマークしたDF酒井宏樹(マルセイユ)は、「ゴールって凄えな」と反響の大きさを口にした一方、1-1の展開に「やっているほうはすごく戦術的な試合だった」と振り返っている。

試合は序盤からともに決定機を作り出す展開となるも決定打を欠き、一進一退の攻防が続く。均衡を破ったのは日本だった。前半39分、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)のFKからファーサイドに飛び込んだ酒井がジャンピングボレーで合わせ、代表49試合目で記念すべき初ゴールを豪快に叩き込んだ。

ここから日本が一気に主導権を握るかと思われたが、ベネズエラも粘り強く対応。後半に入っても両者が崩しきれない時間が続いたなか、同35分に日本のペナルティーエリア内にパスを通され、酒井が後ろから相手を倒したと判断されてPK判定。これを決められて1-1のまま試合は終了した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181118-00148577-soccermzw-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ