エースナンバーから一転、“呪いの番号”に…マンU「7番」の苦戦が続く

1
マンチェスター・ユナイテッドで現在背番号「7」をつけるFWアレクシス・サンチェスは、加入当初に期待されたような活躍を見せられず苦戦している。かつて伝統のエースナンバーとされた背番号が、現在では「呪い」の番号になってしまっているという見方もある。

今年1月にユナイテッドに加入したサンチェスだが、昨季はプレミアリーグで12試合に出場して2得点どまり。今季はまだゴールがなく、サポーターからの批判も強まっている。ユナイテッドにとって「近年最悪の補強」だという声まである。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181002-00291526-footballc-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ