マイアミ共同オーナーのベッカム、MLS参戦の目玉として“非売品”メッシの獲得画策へ

1
アルゼンチン代表FWリオネル・メッシと言えば世界ナンバーワンプレーヤーであると同時に、10代の頃からバルセロナの下部組織で育ったクラブの最高傑作だ。

そんなメッシに対して、かつてのスーパースターであるデイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるメジャーリーグサッカー(MLS)のクラブが獲得の意向を示しているという。英紙「タイムズ」、「デイリー・メイル」などが一斉に報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180917-00136107-soccermzw-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ