ハンブルク、3発完封での初勝利も課題は多く…先発・酒井は不安を残し、伊藤は交代出場で見せ場なし

1

8月12日、ブンデスリーガ2部の第2節が行なわれ、ハンブルクは3-0でザントハウゼンを下した。

クラブ史上初の2部リーグ参戦となったハンブルクは前節の開幕戦、ホルシュタイン・キールにホームで0-3という衝撃の敗戦を喫し、幾らかメンバーを入れ替えてこのアウェーマッチに臨んだ。酒井高徳は今回も右SBで先発出場となったが、伊藤達哉はベンチで試合開始を迎えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180812-00045548-sdigestw-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ