ペップ、教え子サネのドイツ代表落選にも文句なし「レーブの決断を尊重する」

1

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、教え子であるリロイ・サネがロシア・ワールドカップへ行けなかったことに関して文句を言うつもりはないようだ。『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

サネは昨シーズン、プレミアリーグの年間最優秀若手選手に輝きながら、ロシアW杯に臨むドイツ代表のメンバーから落選。結果的に、グループリーグ最下位での敗退が決まったため、ヨアヒム・レーブ監督の決断には非難の声が寄せられた。しかし、グアルディオラは「終わったこと」と話し、レーブの決断を尊重する姿勢を見せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000021-goal-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ