“見えすぎてしまう”ラグビーTMO、サッカーVARにある課題とは

“見えすぎてしまう”ラグビーTMO、サッカーVARにある課題とは

“見えすぎてしまう”ラグビーTMO、サッカーVARにある課題とは

ラグビーで実施されているビデオ判定は「テレビジョンマッチオフィシャル(TMO)」。
主にトライをめぐるプレーでボールのグラウンディングや、反則がなかったかを確認するため、レフェリーが映像によるチェックを別室の審判員に依頼する。
その際、両手で空中にモニターを意味する四角を描くのがTMOの合図。
トップリーグやスーパーラグビーでもおなじみだ。
サッカーでは「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」。
W杯ロシア大会で導入され、PK判定に大きな影響を及ぼした。
気になったのは、ハンドや反則があったとアピールしようと、審判ではなく、空中に四角を描く選手があまりにも多かったこと。
ラグビーでも見かけるが、サッカーの多さはその比ではない。
レフェリーがその勢いに押されてVARを要請した印象を受けることもあり、見ていて気持ちのいいものではない。


それでも、VARがあまりにも勝敗を左右する現実からすれば選手のアピールも理解できる。
決勝戦でもフランスの勝ち越しゴールはVARでハンドと判定されて得たPKだった。
今大会でVARが使用されたのは20回あり、17回で直前の判定が覆っている。
PKが認められたケースもあればPK取り消しという事態も発生した。
1大会29回のPK判定は02年大会の18回を圧倒的に上回り史上最多。
セットプレーからの得点も73点と、98年大会の61点を更新した。


TMOでもVARでも問題なのが「見えすぎてしまう」ことだ。
映像を使えばわずかでもボールが手に当たった事実や、タックルで首に手がかかった瞬間がハッキリしてしまう。
だが、W杯決勝のハンド判定に「前が見えない状態の選手に飛んできたボールが当たったので、故意ではない」と批判があるように、そこに至るまでの流れと切り離して判断すべきではない。
ただし選手も観客もテレビ視聴者も映像を見て「ハンドだ」と確信している状況で、しっかり見極めて異なる判定を出し、理由を明確に説明できるかどうか。
「ビデオ判定導入は審判の技術向上を妨げる」との声もあるが、“証拠”がある以上プレッシャーは増し、レベルアップすべきとの要求は大きくなる。


ビデオ判定は、試合を長時間化させてしまうデメリットもある。
TMO導入で40分ハーフのラグビーは2時間近くかかる競技に変わり、W杯ではアディショナルタイムが5分を超えることも珍しくなかった。
試合が止まるたびに待たされるのは観客だけでなく選手も同じで、「中断」によってそこまでの良い流れが止まってしまうケースも多く見られる。
特に持ち味が走り勝つチームとしては、相手に休んで回復する間を与えるビデオ判定が連発されると厳しい。
設備も人員もより必要となるため難しいが、結論を出すまでのスピードアップも今後のTMOやVARの課題だろう。
(スポーツ部専門委員・中出健太郎)

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000072-spnannex-spo

「“見えすぎてしまう”ラグビーTMO、サッカーVARにある課題とは」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:51:08 ID:906633f70

    それだけサッカーは人を騙したり、わざと転けてみたりチャージしてみたりある意味大人の悪どい部分がふんだんにあり、それが面白いから世界中が発狂してるスポーツだと思う。紳士のスポーツなんてありえない。まあビデオが入るようになるなら次はそれを見越した戦略をたてればいいだけ。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:05:19 ID:ef4773d87

    ずいぶん前から言われていることだけど、ビデオ判定を持ち込んだとしても誤審は起こるんだよね

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:49:06 ID:2bf7649ac

    VARが悪いわけではない。VARの登場とスピードを両立するように、サッカーの方が進化すべき。例えば1試合3回までで、合ってなかったら一回減る。講義が成功したらそのまま、バレーのチャレンジみたいにすれば?今のは例だけど、とにかく従来のやり方を持ち出して進化を止めるのはだめですよ。

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:42:58 ID:027bcb543

    もう文句を言う奴が作れ!で他の人に文句言われろ

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:01:29 ID:5a296d018

    VARとAIを上手く組み合わせて、即時にジャッジできるシステムが完成すると面白い。

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:42:56 ID:9ea282a86

    MLBのように映像判定ルームを作って専門の審判が判断すればいい一々主審が見に行くから時間かかる

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:53:37 ID:0fd56eff3

    決勝のハンドは間違いなくハンドだけどあれPK取るか普通。シミュレーションを映像確認してとれるのはいいことだけどね。

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:44:07 ID:b38138af7

    テニスのチャレンジシステムみたいに回数制限を設けるってのでできんのだろうか。

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:48:52 ID:82c72ef4f

    劇団員を抑制するためにもどんどんやりましょう!

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:04:49 ID:2bee6754d

    恥ずかしい映像出てくやしい人からのクレームかな?笑あれは恥ずかしいからね、みっともないおおげさNo,1スポーツ。それがフットボール!

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:16:42 ID:676925f64

    結果的にはメリットのが大きかったのでは…(・ω・`)?

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:07:27 ID:a53b7c0ec

    VAR賛成派。過去にジャッジミスされて、それが致命的だった試合は相当な数になるしね。

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:02:20 ID:d9f2ea433

    TMOは、映像を観客にも見せてくれていることが多くお客さん側でも盛り上がってるよ。それで長くなったと感じることはない。選手は、わからないけど。

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:54:32 ID:e3f017ee4

    野球のようにダラダラ9回まで時間制限がほとんどなく試合するのではなくて、サッカーやアメフトは時間の枠が元から決まっている。ロスタイムといえど何十分もあるわけではないのでスピード性より演技や故意の反則を見極める方が重要視すべき。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:20:20 ID:f46b4bb43

    ビデオ判定を使うのはいいけど使う基準がよくわからない。選手側から申告はできないものなのだろうか。

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:31:55 ID:1544bc7ef

    VAR大賛成だな。いくら審判でも全部は見れない。そうして、迷えば格上チーム、ベテラン選手、スター選手の言う方を採用することが多かった。審判も忖度するからだ、このシステムになれば、一目瞭然で自信を持ってジャッジできる。観客も納得。後の選手、チームオーナー、熱烈フアンから審判へと、報復される心配もなくなる。後日、街中で殴られたり、蹴られたりしてはたまらない。

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:04:18 ID:a13f5dd5c

    逆にVARでシュミレーション取られたシーンってあったっけ?まだまだ倒れ得な現状は変わってないんじゃないか?ネイマールのPK取り消しのシーンなんて120%シュミレーションじゃん

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:16:52 ID:f0dd9b6d9

    アメフトや野球みたいにプレーが途切れる競技には向いてるけどね

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:10:39 ID:a7a89f820

    レフェリング含めサッカーの面白さもあったと思うけど。まぁ公正中立なジャッジになるならいいけどさ。ただ、「中東の笛」なんてのがあるハンドボールにこそ、VAR導入した方が良いよ。(意外とそれでも覆んなかったりして(笑))

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:11:24 ID:5adaa2f7b

    今の選手たちは「ちょっとくらいのファール」が許されてピンチを防いできたので戸惑いもある。これからは、うかつに手を広げたり引っ張るようなリスクも侵さなくなっていくだろう。見苦しい守備が減ることに期待したい。

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:07:17 ID:3a7e71879

    第一次世界大戦の時義勇兵のオールブラックスの選手が戦死寸前に言ったと言う「今なら神も許してくれるだろう、あれはトライじゃ無くてキャリーバックだった」と言う逸話はどうなっちゃうの。

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:32:59 ID:acb591205

    何年かすれば慣れて当たり前になる。選手の意識の中にVARが定着すればよくしりょくになって反則も減るし、VARを使う頻度も減るだろうし良いと思う。世界的に人気なスポーツだからクリーンであってもらいたいよ。

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:13:15 ID:d7587704d

    VARで試合を停められたくなかったらクリーンに戦えばいいだけですよ

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:53:15 ID:d2f9e2e81

    正確な判断がされるのは賛成ですが、プレーが中断されるので緊張感は一旦冷めますね。どちらがいいのが今後の課題でしょうか。

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:57:40 ID:3cb546960

    私はVARで視聴者も納得できる判断になんるので賛成です。

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:44:36 ID:32f9cc05e

    まあ、どんなにテクノロジーの進化があっても完璧って事にはなりませんねー。ただ、シュミレーションは減ると思う。

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:23:13 ID:40138eddf

    サッカーの場合、近未来的には、VAR専門審判を育成し、常時フィールド審判と交信して、リクエストが無くてもジャッジ結果を送るようなシステムに変わるのでしょうね。今回のW杯の判定を見てますと、VAR導入された結果、ハンドについてはルールが今後変わりそう。

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:23:40 ID:69c163312

    テニスとかの「チャレンジ」制度にすれば良いのに。あくまでチャレンジが無ければ確認しない。確認の結果問題なければペナルティ。チャレンジの回数の制限。VARはチャレンジ以外では確認しない流れがあるスポーツだけにいちいち止めるとつまらなくなる。

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:55:04 ID:acca84c25

    シミュレーションはレッドカードにすればいい。演技も減ってVARの機会も減るだろう。

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:59:44 ID:8f3f0349f

    意図しないハンドはVARの趣旨と違うような・・・

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:06:35 ID:f6750fd7c

    VARの始まり=南米の終わり

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:07:48 ID:7f68819e0

    サッカーに、フェアプレー精神がないのが、よく分かる大会だった。

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:05:37 ID:08c8b6868

    サッカーもラグビー同様、レフェリーが時計を止めればいいのに。サッカーのダラダラ選手交代したり、時間稼ぎと思わせる大袈裟に長時間倒れこんだりしているのが見苦しい。

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 10:13:00 ID:4d44dc80d

    審判も選手も慣れてないだけでプレーや判定基準も変わってくるでしょうねゲーム展開を切らないようなスピードアップが直近の課題かなと

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/07/19 09:48:38 ID:5cc064462

    主審の判断が、問われるVARでしたね。

まとめ

主審の判断が、問われるVARでしたね。

以上、“見えすぎてしまう”ラグビーTMO、サッカーVARにある課題とはのまとめでした。


Source: Its a Sports World !総合