MLS挑戦のルーニー、「エバートンは移籍を歓迎していた…」

1
エバートンはFWウェイン・ルーニーに対し、放出の意思をはっきりと示したようだ。13日、『ESPN』が伝えている。

ルーニーは6月28日、アメリカのメジャー・リーグ・サッカー(MLS)に所属するDCユナイテッドへの加入を正式に発表した。32歳のイングランド人FWは14日の土曜日にMLSデビュー戦を迎える予定だ。

ルーニーは今回の移籍について、「不満の残る移籍だったとは思わない。勝つため、そしてプレーするための決定だった」と理由を話す。「もしマンチェスター・Uにまだいたら、こういうことは起きていなかっただろう。契約はまだ2年残っていたから、クラブに残ることを決意していたはずだ。賃金交渉をして、それで十分だった」と語りつつ、「だけど僕はプレーしたかった。エバートンとの契約はあと1年残っていたけど、エバートンは僕の退団を歓迎するとはっきり言ってくれた」とクラブへの思いを明かし始めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-01656173-gekisaka-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ