有力候補はマンチェスター・U…改めて移籍の可能性を認めるベイル、CL決勝は「失望した」

1
レアル・マドリーに所属するギャレス・ベイルが、今夏の移籍の可能性について認めた。スペイン紙『アス』が伝えた。

2017-18シーズン、ジネディーヌ・ジダン前監督の下で出場機会が限られたベイルだが、シーズン終盤にトップパフォーマンスを披露。しかし、シーズン最大の一番であるリヴァプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝では、先発が期待されながらもベンチスタートとなった。それでも、ベイルは途中出場から2得点を挙げる活躍を披露し、勝利の立役者となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000008-goal-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ