ザッケローニ氏 「勝ちたい」メンタル理解できるが…大きすぎる土壇場のミス 陣形崩し過ぎたDF陣

1

◇W杯決勝トーナメント1回戦 日本2―3ベルギー(2018年7月2日 ロストフナドヌー)

14年W杯ブラジル大会で日本代表を指揮したアルベルト・ザッケローニ氏(65=現UAE代表監督)が、日本代表のベルギー戦を分析した。

日本の勝利を信じていただけに、本当に残念な結果となった。中でも残念だったのが、後半アディショナルタイムの失点シーン。あの場面はチームとして大きなミスを犯した。あまりの作為のなさを露呈した。サッカーでは起こり得ること。それでも…。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000078-spnannex-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ