コロンビア撃破も「喜ぶのは次勝ってから」…セルジオ越後氏「盆と正月が来たような幸運」

1
日本代表は19日、2018 FIFA ワールドカップ ロシア、グループステージ第1戦でコロンビア代表と対戦。6分にカルロス・サンチェスが香川真司のシュートを手でブロックしたことで退場に。この反則で得たPKを香川真司が冷静に決めて先制すると、その後は直接FKで同点に追いつかれるも、試合終盤に大迫勇也のヘディング弾で再びリードを奪い、2-1で勝利。ワールドカップで南米勢相手に初白星を上げた。

試合後、サッカー解説者のセルジオ越後氏に話を聞き、試合を振り返ってもらった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00780513-soccerk-socc

続きを読む

Source: フットカルチョ